アマゾンギフト券買取詐欺の手口|騙されないための対策とは

 

アマゾンギフト券などのギフトカードを利用した特殊詐欺は年々増加しています。

 

ネットの買取業者を利用した換金システムは非常に便利ですが、買取業者を装った詐欺も多いので、利用する前にはしっかりとした確認と注意が必要です。

 

この記事ではアマゾンギフト券詐欺の手口と対策をご紹介しています。

 

 

アマゾンギフト券買取詐欺の手口

昔と違い、最近は検索エンジンの進化もあって、詐欺業者のホームページが検索上位に出てくることはなくなりました。

 

なので、「検索で出てきたサイトに申し込んだら支払いがされなかった」というケースは、現在はほぼないと思います。

 

現在はLINEやツイッターなどのSNSを使ったケースがほとんどでしょう。

 

LINEでのなりすましであったり、ツイッターのDMなどで買取業者を装ったケースはまだまだ多いです。

 

LINEのなりすましでギフトコードを聞き出そうとしてくる

LINEでのなりすましの場合、買取業者を装うというよりは「ギフトカードを変わりに買ってきてほしい」などでギフトコートを聞き出そうとしてきます。

 

LINEなりますし詐欺の一例

 

ごめん、いきなりなんだけど○○カード代わりに買ってきてくれない?後でお金渡すから。


 

 

いくら分?


 

 

5000円。


 

 

わかった。


 

 

買ってきたらギフトコード送ってほしい。今日はちょっと渡せなさそうだから明日お金渡すわ。


 

 

おっけ。
「○○○(ギフトコード)」


 

 

まだ?


 

 

おい。
ふざけんな。


 

あまり仲の良くない人間であればこうはならないと思いますが、親しい知人であったり、元からこういったやり取りをしている人の場合は引っかかってしまうようです。

 

内容はあくまで一例なので、違う文言で聞き出そうとしてくるケースももちろんあります。

 

ツイッターのDMで買取業者を装う

ツイッターの場合、なりすましもありますが、どちらかと言えば買取業者を装ってコードを聞き出すケースが多いです。

 

リプライは目立つのでDMで直接来ることが多いです。

 

ツイッターでDMを利用した詐欺の一例

 

いきなりのメッセージ失礼いたします。
アマゾンギフト券などのギフトカードの買取を行っている「○○(会社名)」の○○(名前)と申します。

 

弊社では他店よりも高い買取率「○○%」でアマゾンギフト券を買い取っております。
もし御不用のギフトカードがあれば下記のURLよりギフトコードをご入力ください。

 

https://○○○

 

ギフトコードの確認が取れ次第、折り返しご連絡を差し上げます。

 

何かご不明な点がございましたらこのままご返信ください。


 

 

サイトでギフトコードを入力しても連絡がこないのですが?


 

ツイッターの場合はなりすましのような細かいやり取りよりも、サイトへ誘導してギフトコードを入力させるという手口が多いです。

 

URL先のサイトは簡易的な物が多いので、見る人が見ればすぐにわかるのですが、そういったことに詳しくなければそこまでチェックはしないと思います。

 

フォロワーを購入したりなどしてバレにくくしているアカウントもあるので、一目では気づかないことも多いようです。

 

騙されないための対策

最初から疑ってかかれば騙されることはないと思いますが、そう言っていても引っかかってしまうのが特殊詐欺です。

 

騙されないための対策としては、以下の2つを意識しておくことが大切です。

 

  • 「自分は絶対に引っかからない」という考えを捨てる
  • 向こうから能動的に来た場合はギフトコードを絶対に教えない

 

まずよく言われていますが、自分は絶対に騙されないと思っているのは非常に危険です。

 

これは全てを疑えということではなく、騙されていることを人に言われても聞く耳を持たないというところが問題なので、まずはその考えを捨てましょう。

 

そして向こうから「ギフトコードを教えてほしい」というアクションを取ってきた場合は99%詐欺です。

 

買取業者は基本受け身ですし、DMで直接営業してくるなどはまずありえません。

 

また、こちらから買取業者を探して売るという場合、ツイッターなどでは探さずにYahoo!やGoogleを使って検索しましょう。

 

ツイッターはまだまだ怪しいアカウントがたくさんありますが、検索エンジンではもう怪しいサイトが上位に出てくることはありません。

 

もし騙されてしまったら

もし詐欺業者にギフトコードを教えてしまった場合は警察か国民生活センターへ相談しましょう。

 

被害額が大きければ警察に相談した方が良いですが、基本的にアマゾンギフト券のような少額の詐欺の場合はあまり期待は出来ません。

 

少額の場合は国民生活センターの方がしっかり話を聞いてくれますが、、どちらにしても被害額が戻ってくる可能性は低いので、やはり騙されないための対策が大事になってきます。

 

まとめ

アマゾンギフト券などはギフトコードをメールで送るだけで買取が成立してしまう分、他の買取よりもトラブルが多くなっています。

 

金券ショップなどでの店頭買取や有名店を利用する場合は心配ありませんが、初めて利用するところや、あまり聞いたことのないところを利用する場合は慎重に選びましょう。

このページの先頭へ戻る